奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:2049
ID AN0000711X-19820300-1009
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN0000711X-19820300-1009.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 669.4 KB
Last updated : Jan 11, 2011
Downloads : 2356

Total downloads since Jan 11, 2011 : 2356
タイトル 須恵器ハソウの製作技術
著者
植野 浩三 (Ueno koso)
文化財学科
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学文学部文化財学科
上位タイトル
文化財学報 (Bunkazai gakuho, Bulletin of the study of cultural properties). Vol.1集, (1982. 03) ,p.97- 104
抄録 須恵器の通有の器形の一つとして腿がある。この腿は、五、六世紀を中心に製作・使用されたものであるが、六世紀になると形態、用途に大きな変化を生じている。小稿は、この遽の製作技術を検討し、製作過程を復原することに主要な目的をおいているが、大局においては須恵器全体の製作技術との関連を指摘し、基本的な技法としてその位置付けを行なうものである。また、一つの法則的な手法を抽出することによって、須恵器の原則的な製作技法のあり方を研究することも目的としている。
須恵器の製作技術の研究は、田中琢、田辺昭三氏らを中心に過去いくつかの成果をおさめている。田中琢氏は、奈良時代以前の須恵器はそのほとんどが第一段階で粘土紐巻きあげ成形を行ない、次いで第二段階で小型品はロクロ成形、大型品は叩き締めを行なうとして、従来考えられていた、小型品の粘土塊ひき出し成形に対して重要な指摘を行なった。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public / 文学部 / 文化財学報 / 1集
関連アイテム