奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1305
ID AN0000711X-19830300-1002
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN0000711X-19830300-1002.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 194.0 KB
Last updated : Jan 11, 2011
Downloads : 1496

Total downloads since Jan 11, 2011 : 1496
タイトル 古代詩歌に現われた精練と漂白: 万葉歌を中心として
著者
新井 清 (Arai kiyoshi)
文化財学科
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学文学部文化財学科
上位タイトル
文化財学報 (Bunkazai gakuho, Bulletin of the study of cultural properties). Vol.2集, (1983. 03) ,p.1- 7
抄録 およそ繊維類を染色するに当って、動物質繊維は精練し、植物性繊維は漂白の処理をほどこす。古代中国においては、生絹を植物の灰の水溶液、すなわち灰汁に浸して、表層のセリシンを除去し純白の絹を得た。植物質のものとしては藤、葛、麻などの繊維を得て、水に漂し、日に晒して、いわゆる漂白を行なったのである。
ひるがえって、わが国は中国や朝鮮と一衣帯水の関係を保って、その製練と漂白の手技は、三世紀頃には伝播されていたと見なされる。本文において、中国の記録を述べるとともに、将来された精練と漂白の技術と、それが国内に伝えられ広まって、大和国の風土に順応せしめ日本化する過程を「史」と「物」の両面からの考察を述べる。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public / 文学部 / 文化財学報 / 2集
関連アイテム