奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1446
ID AN0000711X-19870300-1005
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN0000711X-19870300-1005.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 687.4 KB
Last updated : Jan 13, 2011
Downloads : 2102

Total downloads since Jan 13, 2011 : 2102
タイトル 中世: その葬と祭と
著者
水野 正好 (Mizuno masahiro)
文化財学科
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学文学部文化財学科
上位タイトル
文化財学報 (Bunkazai gakuho, Bulletin of the study of cultural properties). Vol.5集, (1987. 03) ,p.35- 56
抄録 本稿では中世の墓制、葬制、葬祭を出来るだけ考古学の立場から掘り下げて考えて見まして、中世の人々の思惟・行動といったものを復原して見ようと思います。人は死とともに必ず墓をもつ、墓を営むと思うのは「現代」の常識であります。墓をもたぬ人は今日ほとんどないと申してよいでしょう。しかし歴史の流れの中で見て参りますと、死後、墓をもたぬ人は沢山いたのであります。むしろ各時代を支えた多くの庶民は墓をもたぬ存在であったと私は考えているのであります。言い換えますと死者は放ち棄てられるといった場合が多かったと思うのであります。従いまして私共が発掘調査で見出して居ります、古代、或は中世、近世の「墳墓」・「墓」でもって歴史の全てが解明できると考えますと、これは大きな誤ち-錯覚を起すことになるのであります。少くとも租税をとられ生活に苦しむ人々や女人、幼児は殆んどが野辺、川辺に、山間に打ち捨てられる存在であったという事を最初に御承知いただきいと思うのであります。まずはこうした墳墓をもたぬ人々の寡黙な語りを冒頭に銘記しまして「中世の墓制」を語りたいと思います。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public / 文学部 / 文化財学報 / 5集
関連アイテム