奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1138
ID AN0000711X-19900300-1002
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 未公開
タイトル 石濤「黄研旅度嶺図巻」
著者
古原 宏伸 (Kohara hironobu)
文化財学科
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学文学部文化財学科
上位タイトル
文化財学報 (Bunkazai gakuho, Bulletin of the study of cultural properties). Vol.8集, (1990. 03) ,p.1- 30
抄録 石濤研究近年の成果は、石濤の伝記資料、中でも交遊関係の実情が、飛躍的に明らかになった点を第一にあげねばならない。饒宗願、明復、注世清の諸氏による石濤の伝記研究は、際立ってめざましい。同じ17世紀末、反正統の代表的画人として、石濤と並称される八大山人の場合には、未知の部分の依然少くないことと比較すれば、石濤とその周辺の研究は、一Φ自年刊の傅抱石《石濤上人年譜》の頃とは、隔絶した地点にまで到達しているといってよい。最近発見されたこの図巻も、石濤をめぐる交遊関係を一層明らかにする資料と思われる。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public / 文学部 / 文化財学報 / 8集
関連アイテム