奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1205
ID AN0000711X-19960300-1003
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN0000711X-19960300-1003.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 334.9 KB
Last updated : Jan 22, 2011
Downloads : 534

Total downloads since Jan 22, 2011 : 534
タイトル 産育呪儀三題(二)
著者
水野 正好 (Mizuno masayoshi)
文化財学科
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学文学部文化財学科
上位タイトル
文化財学報 (Bunkazai gakuho, Bulletin of the study of cultural properties). Vol.14集, (1996. 03) ,p.41- 51
識別番号
ISSN
09191518
抄録 出産のあと、湯殿始めの儀が執り行なわれる。産湯の儀である。この産湯の水は、単なる産児を洗う湯という以上に強い宗教性が与えられている。例えば、後白河院の誕生を記す『九民記』には「次主税属佐伯貞仲率仕丁、令汲吉方水」とあるように、産湯水には、誕生した産児の吉方を勘案して陰陽師が方角(吉方)を定め、その方角にある河川などから「吉方水」を汲みとり、宮室・家宅に持ち蹄るのである。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public / 文学部 / 文化財学報 / 14集
関連アイテム