奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1256
ID AN0000711X-19980300-1003
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN0000711X-19980300-1003.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.4 MB
Last updated : Jan 21, 2011
Downloads : 1607

Total downloads since Jan 21, 2011 : 1607
タイトル 古代仏教寺院の礼拝空間と礼拝石
著者
光森 正士 (Mitsumori masashi)
文化財学科
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学文学部文化財学科
上位タイトル
文化財学報 (Bunkazai gakuho, Bulletin of the study of cultural properties). Vol.16集, (1998. 03) ,p.15- 54
識別番号
ISSN
09191518
抄録 初期仏教々団、つまり僧伽は釈尊を中心として比丘、比丘尼らで構成されていた。しかし、後には在家の人びと優婆塞、優婆夷なども仏教に帰依するものが多くなって次第に大きく発展した。初期教団にては比丘や比丘尼たちは一定の土地に留まり、固定的に生活するというのではなく、常に各地を転々とする移動集団であり、絶えず移住する生活の連続であった。このことはある地域に対する執着を離れることにもなり、また、地域に密着する私的感情を断ち切ることであり、愛着をつのらせることも避けた。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public / 文学部 / 文化財学報 / 16集
関連アイテム