奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:2345
ID AN0000711X-19980300-1004
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN0000711X-19980300-1004.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 374.3 KB
Last updated : Jan 21, 2011
Downloads : 1107

Total downloads since Jan 21, 2011 : 1107
タイトル 天正六年七月廿日 『多聞院日記』の中の一日-話題の背景
著者
水野 正好 (Mizuno masayoshi)
文化財学科
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学文学部文化財学科
上位タイトル
文化財学報 (Bunkazai gakuho, Bulletin of the study of cultural properties). Vol.16集, (1998. 03) ,p.55- 65
識別番号
ISSN
09191518
抄録 南都興福寺多聞院の英俊は、その日々を詳細に記録、その『多聞院日記』は中世を窺う上で極あて重要な史料となっている。本稿はこの『多聞院日記』中の一日ー天正六年七月廿日の記事をとり上げ、いかに興味ぶかい話題を提供するか、考えてみようとするものである。まず、この一日の記事を掲げよう。
廿日、森岡カササギへ家ヲ買移了ト、一、堺浦へ近日伊勢ヨリ大船調付了、人数五千程ノル、横へ七間、竪へ十二三間も在之、鉄ノ船也、テッハウトヲラヌ用意、事々敷儀也、大坂へ取ヨリ、通路トムヘキ用ト云々、一、昌佐死了、何気なく読めば何気なく読み過してしまう一日の記事であるが、注目すればする程に含蓄のある一日の記事である。いま、日記中の一話-堺浦の大船、二話-昌左死去の話題をそれぞれ検討することとしよう。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public / 文学部 / 文化財学報 / 16集
関連アイテム