奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:969
ID AN0000711X-20010300-1004
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN0000711X-20010300-1004.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 756.6 KB
Last updated : Jan 25, 2011
Downloads : 464

Total downloads since Jan 25, 2011 : 464
タイトル パルミラの有名人・ハイラン
著者
酒井 龍一 (Sakai ryuichi)
文化財学科
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学文学部文化財学科
上位タイトル
文化財学報 (Bunkazai gakuho, Bulletin of the study of cultural properties). Vol.19集, (2001. 03) ,p.1- 31
識別番号
ISSN
09191518
抄録 紀元1世紀の中頃、シリア砂漠中央の隊商都市パルミラPalmyra(タドモル)に、ハイランという有名人がいた。ラブエルのニックネームをもち、父はボーナ、母はバアルテガであった。彼は、パルミラ市やベール神殿等に大いに貢献し、市内要所の碑文で顕彰された、しかるべき人物であった。
パルミラの碑文は、パルミラ語か、ギリシャ語を加えたニカ国語併記が通例。だが、彼自身による墓建造碑文や彼の顕彰碑文は、パルミラ語・ギリシャ語・ラテン語の三ヶ国語併記である。これらの特異な碑文は、パルミラ人では彼に限定され、かねてから研究者が解読を重ねてきたきたところである(Cantineau 1933; Rodinson 1950; Rosenthal 1936; Gawlikowski 1970, 1973; Teixidor 1979; As'ad and Gawlikowski 1997)。
本稿の目的は、ハイランとその家系に関する各種の碑文(PAT2801・TADMOREA 2B・
PAT1356・0259・0273・1616・2759)を詳細に再検討し、彼の系譜や周辺世界への接近を試みることにある。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public / 文学部 / 文化財学報 / 19集
関連アイテム