奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1202
ID AN00181569-19731200-1001
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19731200-1001.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 285.5 KB
Last updated : Nov 18, 2010
Downloads : 887

Total downloads since Nov 18, 2010 : 887
タイトル 古代染色の化学的研究: 第3報古代黄藥染について
別タイトル
Chemical Studies on Ancient Dyeing: Ⅲ. On the Wobaku yellow dyeing of ancient
著者
新井 清 (Arai kiyoshi)
教養部
高沢 道孝 (takasawa michitaka)
教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.2号, (1973. 12) ,p.1- 13
識別番号
ISSN
03892204
抄録 黄環 Phellodendron amurense Ruprecht は本州,北海道,中国北部,朝鮮およびウスリー,アムールに亘って湿潤の土地に自生するヘンルーダ科の落葉喬木である.樹皮の外部は厚いコルク質で,その内側に黄色の皮部があり黄膚(キハダ)の名がある.この皮部の粉末は漢薬であり俗に黄柏(おうばく)と称して苦味健胃薬とする.キハダの粉末を煎
じた汁を煮つめたカラメルは古風の胃薬「陀羅尼助」であり,ダラスケと呼ぶ.キハダの黄色々素は水溶性で,繊維や皮類をよく染めるから古来より天然黄色染料として賞用されている.
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 2号
関連アイテム