奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1484
ID AN00181569-19741200-1003
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19741200-1003.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 363.2 KB
Last updated : Nov 18, 2010
Downloads : 1502

Total downloads since Nov 18, 2010 : 1502
タイトル 親鷺の悪人正機説
別タイトル
Shinran's View on the Evil One
著者
神子上 恵龍 (Mikogami eryu)
教養部
Publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.3号, (1974. 12) ,p.29- 37
識別番号
ISSN
03892204
抄録 親鸞(1173~1262)の思想一般は日本仏教の中でユニークなものであるが,悪人正機説は同じ浄土教の中に於ても,独想的な主張であると云ってよい.彼が悪人正機説を主張したことは門弟である河和田の唯円房が編集したといわれている「歎異抄」の第三章に「善人なをもて往生をとぐ,いはんや悪人をや」と云い,又「願をおこしたまふ本意,悪人成仏のためなれば,他力をたのみたてまつる悪人,もともと往生の正因なり」と悪人が往生の正機であることを述べてある.この歎異抄と同じ趣旨のことが覚如の撰述した「口伝妙」第十九章にも述べてあるから,親轡が悪人正機説を主張したことは明かである.
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 3号
関連アイテム