奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1008
ID AN00181569-19751200-1013
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 未公開
タイトル 英語と日本語における音声象徴についての一考察
別タイトル
A Study on Sound Symbolism in English and Japanese Expressions
著者
武久 文代 (Takehisa fumiyo)
教養部
Publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.4号, (1975. 12) ,p.130- 144
識別番号
ISSN
03892204
抄録 音声象徴(Sound Sylnbolisln) は,言語発達過程における語形成(word-creation)のひとつとして,重要な役割を果しており,造形時の形態を現代語に至るまで比較的留めていると云われる音声象徴語の研究は,言語の形成とその後の推移,更には膏韻の変化等を知る重要な要素の一つであるとも云えよう.では,英語におけるSound Symbolismによる表現は,日本語における音声象徴的表現といかに対応するのであろうか.この問題をとりあげるに当り,vocabularyだけからでも極めて広範囲にわたるこの種類の表現の中より,ここではその対象として,これ等の表現が比較的多様に用いられている.‘泣く'と‘笑う’を中心にとりあげ,その比較対応から,各々の特徴と思われるものを把握し,更には,日本語から英語への醗訳との関連性において考察を行うつもりである.
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 4号
関連アイテム