奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:885
ID AN00181569-19761200-1001
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19761200-1001.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 400.8 KB
Last updated : Nov 22, 2010
Downloads : 296

Total downloads since Nov 22, 2010 : 296
タイトル ラトヴィアの Libeks とリトワニアの Dombrovski: 初期の Esperanto 文献
別タイトル
Libeks, latva‐Dombrowski, litova: Frutempaj lernolibroj de Esperanto
著者
川崎 直一 (Kawasaki naokazu)
文学部
Publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.5号, (1976. 12) ,p.1- 14
識別番号
ISSN
03892204
抄録 Zamenhof が,Esperanto を発表したのは,1887年であった.それは,40P.のきわめて簡単な本で,ふつうUnua Libro(第1書)といわれる.そののちも,もちろん,Za-menhofのいろんな著作が,言語としてのEsperantoの発達に,チカラがあったのであるが,世界のいろんな国ぐにの人たも,Zamenhof の著書のすがたによりつつも,あるいは,Esperanto 文の文芸創作,あるいは,国語のものを Esperanto に訳すことによって,あるいは,学習書,辞書をつくることによって,Esperanto の言語的発達をはかったのである.だから, Esperanto の言語的発達を,歴史的にしらべるには,もちろん, Zamenhof の著書の研究がもっとも重要ではあるが,各国の他の人たちの業績もしらべねばならない.ここでとりあげるのは,ラトヴィアとリトワニアで,はじめて Esperanto の学習書を書いた Libeks と Dombrovski についてである.
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 5号
関連アイテム