奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1138
ID AN00181569-19781200-1002
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19781200-1002.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 252.1 KB
Last updated : Dec 16, 2010
Downloads : 1079

Total downloads since Nov 24, 2010 : 1094
タイトル 古代染色の化学的研究: 第8報 古代藍染について
別タイトル
Chemical Studies on Ancient Dyeing: VIII. On the indigo dyeing of Ancient
著者
新井 清 (Arai kiyoshi)
教養部
Publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.7号, (1978. 12) ,p.15- 25
識別番号
ISSN
03892204
抄録 藍 Indigo は古代からアジアにおいて青色染料として知られていた. Perkin によると,サンスクリットに製法の記述が既にあり,古代ローマで顔料 indicum の言源は India に由来するという.古代エジプトの民はミイラを包む布に藍染の標本を残していた.
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 7号
関連アイテム