奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1211
ID AN00181569-19801200-1003
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19801200-1003.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 431.9 KB
Last updated : Nov 29, 2010
Downloads : 1437

Total downloads since Nov 29, 2010 : 1437
タイトル 長崎県生月島の触とかくれキリシタン組織
別タイトル
The "Fure Communes" and the Organization of the "Hidden Christians" of Ikitsuki Island, Nagasaki
著者
野崎 清孝 (Nozaki kiyotaka)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.9号, (1980. 12) ,p.34- 60
識別番号
ISSN
03892204
抄録 村落社会の内部構造や村落間を連ねる社会的結合の構成は村落を白生的個体,村落群を自生的地域としてとらえる面と村落を制度的個体,村落群を制度的地域としてとらえる面とのからみをときほぐす中でその起源が明らかにされる.この両面がどのような関係にあるかは村落社会研究の上でもっとも重要な鍵となり,これを解明するためには実態と史料の分析を通じて,時代を遡源することが必要である.本稿では長崎県生月島の行政単位として存在した近世の触とこの地方に現在も残るかくれキリシタソの自主的組織の関係を明らかにしたいと考えた.かくれキリシタンに関する研究は田北耕也・古野清人・柴田実・片岡弥吉など主として民族学・民俗学やキリスト教史の側面から進められてきた.キリシタソ史やかくれキリシタンの宗教儀式や行事についてはこれらの研究にくわしい.したがって筆者はこれらの研究をふまえ,かつ1976年と80年の2回にわたって行なった臨地調査にもとずいてその中で村落社会組織としてのかくれキリシタン組織の地域的展開に重点をおき,とくにその基礎的単位であるコンパンヤの内部構成を中心に報告したいと思う.
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 9号
関連アイテム