奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1302
ID AN00181569-19811200-1024
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19811200-1024.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 427.8 KB
Last updated : Nov 30, 2010
Downloads : 959

Total downloads since Nov 30, 2010 : 959
タイトル 夜半亭門下の月並句合
別タイトル
On "Tsukinami-Kuawase" of Yahantei-Buson
著者
永井 一彰 (Nagai kazuaki)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.10号, (1981. 12) ,p.43- 53
識別番号
ISSN
03892204
抄録 夜半亭蕪村・几董には天明期に月並句合の催しがあったことは拙稿「夜半亭月並句合(一)」(『滋賀大國文』十八号)「同(二)」(『奈良大学紀要』九号)に述べたが、少し遅れて寛政期になると、几董の門生でありやがてはその別号春夜楼を相次いで継承することになる紫暁・呂蛤の二人にも同様の句合の催しがある。この稿では、管見に入った紫暁・呂蛤各撰になる月並句合の摺り物のあらましを紹介し、蕪村・几董と続いた夜半亭月並句合が紫暁・呂蛤へと流れて行くことによってどのような変質を遂げて行ったかを考えてみることにする。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 10号
関連アイテム