奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:848
ID AN00181569-19890300-1009
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19890300-1009.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 276.2 KB
Last updated : Jan 7, 2011
Downloads : 301

Total downloads since Jan 7, 2011 : 301
タイトル コンピュータ教育における教育的インターフェイス
別タイトル
Pedagogical Interfaces in the Computer‐Programming Training
著者
市ノ瀬 慎一 (Ichinose shin'ichi)
教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.17号, (1989. 03) ,p.155- 163
識別番号
ISSN
03892204
抄録 従来のコンピュータ教育において,プログラミング言語を学習させても,それだけでは論理性が育つとは限らなかった.それは,すべてをかりそめの約束ごととしてとらえ,暗記と手続きに埋没する中で,記号操作の技術に習れてしまうことが起こるからである.基本的に,論理というものは,自分自身に対して説得していくプロセスの記述である.私たちは,ものごとに関連を持たせ,まとまりをっくり,構造をっくり出そうとして生きているからこそ,そういった構造化のできないものを,自分自身に対して説得することができないのである.こうした人間の情報処理能力の弱さに思い至る時,「人間にとって,コンピュータとはいかなるものか?」と改めて問い直したくなる.コンピュータが私たちの心の中にあった,シンボルを操作するという本性を拡大した存在であることに気づくのは容易であろう.ここから,シンボル活動に伴なうプラスの面もマイナスの面も,必然的に拡大されていくという宿命が生じてくる.コンピュータ教育を考える時,第一に,この点を踏まえる必要があると考えられる.
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 17号
関連アイテム