奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1161
ID AN00181569-19890300-1013
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19890300-1013.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 263.3 KB
Last updated : Mar 10, 2011
Downloads : 1194

Total downloads since Nov 4, 2010 : 1220
タイトル 志賀の山越えの「いはえ」考: 『大和物語』一三七段
別タイトル
On iwae : a spot on the mountain route to Shiga - Yamato Monogatari, Section 137 -
著者
森本 茂 (Morimoto shigeru)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.17号, (1989. 03) ,p.26- 34
識別番号
ISSN
03892204
抄録 『大和物語』(為家本)一三七段の本文は次のようである。志賀の山越えのみちに、いはえといふ所に、故兵部卿の宮、家をいとをかしうつくりたまうて、時々おはしましけり。いとしのびておはしまして、志賀にまうつる女どもを見たまふ時もありけり。おほかたもいとおもしろう、家もいとをかしうなむありける。としこ、志賀にまうでけるついでに、この家にきて、めぐりつつ見て、あはれがりめでなどして、かきつけたりける、かりにのみくる君まつとふりいでつつなくしが山は秋ぞ悲しきとなむ書きつけていにける。以下、「志賀の山越え」の「いはえ」について考察したいと思うが、まず志賀の山越えの道順を明らかにしておく必要がある。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 17号
関連アイテム