奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1208
ID AN00181569-19910300-1010
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19910300-1010.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 284.4 KB
Last updated : Dec 16, 2010
Downloads : 526

Total downloads since Oct 23, 2010 : 538
タイトル パルミラ語碑文(1)
別タイトル
Palmyrene Inscriptions 1
著者
酒井 龍一 (Sakai ryuichi)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.19号, (1991. 03) ,p.131- 142
識別番号
ISSN
03892204
抄録 シリア・アラブ共和国に所在するパルミラPalmyra遺跡は、紀元前1~紀元後3世紀のオアシス隊商都市として日本でも有名である(小玉1980、ブンニ1980、BounniandA1-as`ad1988、他)。この度、(財)なら・シルクロード博記念国際交流財団は、シリア政府と共同し、1990~1992年度の3年間、この遺跡を発掘調査(樋口隆康団長・泉拓良隊長)することになった。ところで、ベール神殿や列柱道路等による遺跡中核部の西方、「墓の谷」等の各所に、搭墓・地下墓・家屋墓・一般共同墓地が群在し、その多くにはパルミラ語碑文が刻まれている。碑文解読は、墳墓の建立者や年代・被葬者・被葬者達の親族関係等の特定に不可欠である。本稿では、インフォルトによるパルミラ碑文の解読文(Ingholt1935)等をテキストにし、パルミラ碑文の初歩的な理解に努め始めたい。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 19号
関連アイテム