奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1417
ID AN00181569-19920300-1003
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19920300-1003.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 216.1 KB
Last updated : Oct 26, 2010
Downloads : 653

Total downloads since Oct 26, 2010 : 653
タイトル 学生相談におけるグループアプローチ: キャンパス・チェンジスの試み
別タイトル
An idea of group approach in the student counseling: Campas Changes
著者
東山 弘子 (Higashiyama hiroko)
社会学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.20号, (1992. 03) ,p.41- 47
識別番号
ISSN
03892204
抄録 青年期とは、まさにこどもでもなく、おとなでもない境界状況であり、生理的にも心理的にも激動の時期である。こどもからおとなへの発達課題と思春期または青年期特有の心性が微妙な「こころ模様」を描き、われわれは彼らとどのような距離をとればよいのか戸惑い、苦労する。彼らは、自立と依存のあいだで揺れているので、おとなのなんでもない言葉や行動にも敏感に反応し、事実そのものを無視するのである。選択肢が多様化してアイデンティティの拡散が起こりやすい現代社会にあって、学生たちはおとなとこどもの境界にいきているのである。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 20号
関連アイテム