奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:894
ID AN00181569-19920300-1004
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19920300-1004.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 223.5 KB
Last updated : Oct 26, 2010
Downloads : 552

Total downloads since Oct 26, 2010 : 552
タイトル 健康者および結核患者の血清におけるらい菌フェノール性糖脂質の糖鎖と同じ構造を持つ二糖および単糖に対する抗体の存在について
別タイトル
THE PRESENCE OF THE ANTIBODIES TO THE MONOSACCHARIDE AND DISACCHARIDE WITH THE SAME STRUCTURES TO THOSE OF THE PHENOLIC GLYCOLIPID I OF Mycobacterium leprae IN HEALTHY AND TUBERCULOSIS SERA
著者
藤原 剛 (Fujiwara tsuyoshi)
教養部
和泉 眞藏 (izumi shinzo)
教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.20号, (1992. 03) ,p.49- 57
識別番号
ISSN
03892204
抄録 1982年にHunterらによってらい菌からフェノール性糖脂質(PGL I )が単離、構造決定されて以来その血清学的性質が多くの研究者によって研究されてきた。特に糖鎖の化学合成が成功した事によって多数の血清試料を詳細に検討することが可能になった。その結果PGLIの糖鎖、特に三糖全体を合成し、血清アルブミソ(BSA)に結合させた合成抗原(NT-P-BSA)がらい菌の感染を血清学的に診断するための道具としてきわめて有効であることが明らかになり、現在ではこの合成抗原を用いたELISAやゼラチソ粒子凝集法が実用化されている。
しかしこの方法は健康者血清に対して数%の偽陽性を示し、この点を改善する必要がある。合成抗原を用いた研究の過程でフェノール性糖脂の糖鎖のうちで非還元末端の糖である3,6-di-0-methy1一β一D-91ucopyranoseがその特異性の決定に重要な役割を果たしていることが明らかになっている。しかしそれ以外の二つの2,3-di-O-methyl-a-1,-rhamno-pyranoseと3-0-methy1-a-Lrhamnopyranoseに対する抗体も存在し、これが偽陽性の原因となっている可能性があるのでこの点について検討をした。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 20号
関連アイテム