奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1163
ID AN00181569-19920300-1011
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 未公開
タイトル 再説 董其昌における王維の概念
別タイトル
Tung Ch'i-ch' ang's Connoirsseurship in Tang and Sung Painting
著者
古原 宏伸 (Kohara hironobu)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.20号, (1992. 03) ,p.159- 174
識別番号
ISSN
03892204
抄録 董其昌のconnoisseurshipにとって、最も重要な古代作家は、唐の王維、宋の董源、元の黄公望の三人であったことは、いうまでもない。董其昌がこの三人の作品を、どのように評価し、解釈し、影響を受けたかを知ることは、彼の人と芸術を理解するために、極めて重要であることは、誰でも知っている。
しかし、三人の名画家の中で、王維についての董其昌の理解を知る5ことは、最も困難である。第一に董源や黄公望の場合と違って、王維の画には真蹟はもちろん、良い模本すら残っていない。董其昌の見た王維の画を追跡することは不可能である。また少しでも董其昌の文章を読んだ者なら、すぐに気のつくことだが、彼の文章には全く正反対の意見をいっていることがある。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 20号
関連アイテム