奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1139
ID AN00181569-19930300-1002
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19930300-1002.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 537.4 KB
Last updated : Dec 2, 2010
Downloads : 1216

Total downloads since Dec 2, 2010 : 1216
タイトル 『二律背反の教育的意義についての若干の考察』
著者
田井 康雄 (Tai yasuo)
教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.21号, (1993. 03) ,p.25- 41
識別番号
ISSN
03892204
抄録 教育理論は教育実践と密接に関係し、現実の教育実践を導きうる現実的有効性をもたねばならない。しかるに、現実の教育においては理論と実践は乖離状態にある。このような状況を改善するためにわれわれは現実的有効性をもつ教育理論を求めねばならない。
そこで、本論文では、人間及び人間のかかわるさまざまの事柄における二律背反をとりあげ、その二律背反における対立が人間形成の大きな力となっていることを明らかにした。そして、このような人間にかかわる二律背反における対立は相対的なものであり、何らかの方法でその対立を統合化することによって解消することが人間の成長・発達のエネルギーを導き出すことを明らかにした。そのためのはたらきかけが教育的はたらきかけそのものなのである。
現実的有効性をもつ教育は、このような人間の本質である二律背反の統合化にかかわるものでなければならない。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 21号
関連アイテム