奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1360
ID AN00181569-19930300-1014
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19930300-1014.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 690.3 KB
Last updated : Nov 29, 2012
Downloads : 765

Total downloads since Dec 2, 2010 : 946
タイトル 軽便鉄道事業の地域的展開: 明治末期~大正期の動向
別タイトル
The Regional Development of Light Railway Companies in Japan
著者
三木 理史 (Miki masafumi)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.21号, (1993. 03) ,p.175- 186
識別番号
ISSN
03892204
抄録 本稿は、わが国における「軽便鉄道建設ブーム」の地域的展開を考察することを目的とする。その結果、明らかとなった事実はつぎのとおりである。
1.1920年度における地方鉄道事業者を経営規模に基づいて区分すれば、「局地鉄道型」「中小地方鉄道型」および「大手地方鉄道型」の3類型に区分できる。
2.免許件数の多寡は、国鉄幹線網の完成度と地域社会の経済力と関係が深い。かかるブームの重点地域として北海道、茨城、新潟、長野、岐阜、三重、兵庫の各道県が、準重点地域として関東諸府県、静岡、愛知、奈良、岡山、山口、福岡、大分があげられる。
3.国有鉄道軽便線、「鉄道敷設法」改正予定線は民営軽便鉄道の建設が低調であった地域と地域経済力に乏しい地域に分布した。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 21号
関連アイテム