奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1247
ID AN00181569-19940300-1001
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19940300-1001.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 663.5 KB
Last updated : Dec 2, 2010
Downloads : 955

Total downloads since Dec 2, 2010 : 955
タイトル 現代中国社会に於ける末端組織
別タイトル
Smallest Unit of the Society in Modern China
著者
蘇 徳昌 (dechang su)
教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.22号, (1994. 3) ,p.1- 17
識別番号
ISSN
03892204
抄録 現代中国社会は組織化された社会であり、国民はいずれかの末端組織に所属している。中央・地方組織から末端組織に至るまでの組織には核があり、それが中国共産党の各組織である。核は国民を政治的・思想的・組織的に管理し、国民に思想改造を実施することによって末端組織の結束・強化を図って来た。末端組織は閉塞性・精神性・拘束性・消極性・脆弱性という特徴を具え持っている。毛沢東時代の前期にはこの組織は機能したが、後期には弱化し、ポスト毛沢東時代に入ってからは崩壊しっつある。中国共産党は社会主義体制の枠内で、末端組織の建て直しに必死になっているが、徹底た再構築を迫る国民をどう誘導するかが問題である。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 22号
関連アイテム