奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1234
ID AN00181569-19940300-1002
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19940300-1002.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 461.5 KB
Last updated : Dec 2, 2010
Downloads : 3645

Total downloads since Dec 2, 2010 : 3645
タイトル 教授学習過程についての若干の考察
別タイトル
Some Thoughts concerning the Teaching-Learning Process
著者
田井 康雄 (Tai yasuo)
教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.22号, (1994. 3) ,p.19- 32
識別番号
ISSN
03892204
抄録 教育過程は一般に教授学習過程とみなされている。それゆえ、教育過程は当然のことながら、教授者と学習者の正常なる人間関係に基づくものである。しかしながら、現実の学校においては、教授と学習はいくつかの理由で乖離状態にある。教授者と学習者の間の人間関係があまりにも悪くて教育的関係になりえないのである。本論文においては、教授者がこのような状態にいかに対応するべきかを問題にした。そこで、まず第一に、教えることの意味を、次に、学ぶことの意味を哲学的観点からとらえようとした。第二に、知識の伝達の構造を考察した。最後に、三つの重要な要素である、強制的教授と、学習者に興味を引き起す教授、さらには、教授と学習を一体化した教授学習過程のあり方について論じた。この研究は、教育方法学の現実的有効性を実現することを目指すものである。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 22号
関連アイテム