奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1656
ID AN00181569-19950300-1002
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19950300-1002.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 918.8 KB
Last updated : Dec 2, 2010
Downloads : 529

Total downloads since Dec 2, 2010 : 529
タイトル 成立期の中世都市コミューン運動(下): 主として北フランスの場合
別タイトル
Le mouvement communal des villes du Moyen Age a epoquede la naissance: specialement en France du Nord(3)
著者
守山 記生 (Moriyama norio)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.23号, (1995. 03) ,p.21- 46
識別番号
ISSN
03892204
抄録 主に北フランスにおける成立期の中世都市コミューン運動について、個別都立の成立状況の最後として、アミア Amiens、ヴァランシエンヌ Valenciennes の場合をそれぞれ検討した。前者では、若干しかない同時代史料などを用いて、その特徴などを考察した。後者では、他都市のコミューン運動もその目標とした慣習の維持にとどまらず、特にその成文法化さえ追求し、平和運動としての基調ももち合わせていることを明らかにした。これで、個別都市の成立状況の検討は終りとする。最後に、成立期の中世都市コミューン運動の全体的な特徴をつかむ一環として、都市コミューン運動の展開と既存権力との関係を考察した。既存権力とは、教会、世俗領主、国王であり、各々が都市コミューン運動にどのように関ったかを検討した。なお、成立期として時代を限定すれば、国王はルイ7世の統治期までであるが、比較するために、次代のフイリップ・オーギュスト期についても少しだけ検討した。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 23号
関連アイテム