奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1100
ID AN00181569-19960300-1003
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19960300-1003.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 820.3 KB
Last updated : Nov 9, 2012
Downloads : 814

Total downloads since Dec 2, 2010 : 928
タイトル 『ノーサンガー・アベイ』の「悪人」たち
別タイトル
Northanger Abbey and its `Evil' Characters.
著者
中尾 真理 (Nakao mari)
教養部
Publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.24号, (1996. 03) ,p.49- 64
識別番号
ISSN
03892204
抄録 『ノーサンガー・アベイ』の副次的人物のうち、イザベラとジョン・ソープ、ティルニー大佐とティルニー将軍は、主人公のキャサリンが初めて「世の中へ出て行く」際に出会う「悪人」たちである。四人のうち、イザベラとジョンは、流行語や誇張した言葉、身勝手な行動から、キャサリンもやがてその利己的で浅薄な性格を見抜くようになる。だが、ティルニー大佐とティルニー将軍の場合は、エレガントな弁舌とマナーのおかげで、キャサリンは最後まで、彼らの性格にイザベラと同じ不誠実と金銭欲が潜んでいることに気がつかなかった。喜劇という枠組みのなかで、オースティンがどのように「悪」を描き、どのように彼らの「悪」に報いているかを、温泉リゾート都市であるバースと由緒ある「土地」(ノーサンガー・アベイ)との関連で考えてみた。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 24号
関連アイテム