奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:679
ID AN00181569-19960300-1005
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 未公開
タイトル Determination of the Epitope on Phenolic Glycolipid I Recognized by Monoclonal Antibody DZ1 by Fluorescence Quenching Method
別タイトル
蛍光消光法による単クローン抗体DZ1の認識するフェノール性糖脂質I上のエピトープの決定
著者
Tsuyoshi Fujiwara (Fujiwara tsuyoshi)
教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学 
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.24号, (1996. 03) ,p.73- 79
識別番号
ISSN
03892204
抄録 らい菌の産生する特異抗原フェール性糖脂質(PGL I)の糖鎖を認識するマウスの単クローン抗体DZ1について、そのエピトープを蛍光消光法によって決定した。DZ1はマウスの腹水から硫安分画、DEAE‐セルロスカラム、プロテインGカラムによってSDS‐PAGEで単一のバンドを与えるまで精製した。精製されたDZ1はPGL Iの三糖鎖の還元末端側の二糖を認識した。またDZ1は還元末端と還元末端側二糖を構成する二つのラムノース残基間のアノマー配向の両方を認識した。本研究で用いた蛍光消光法はELISAの場合と異なり、極めて明瞭なデータを与え、抗体と抗原の相互作用を解析するのに好適な手法である事がわかった。
言語
eng
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 24号
関連アイテム