奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:916
ID AN00181569-19960300-1019
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19960300-1019.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 337.0 KB
Last updated : Jan 5, 2011
Downloads : 2538

Total downloads since Jan 5, 2011 : 2538
タイトル 歌人上田三四二、「たまものとしての四十代」
別タイトル
"L' époque quadragénaire comme don" de Miyoji UEDA, poéte de tankas
著者
大町 公 (Omachi isao)
教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.24号, (1996. 03) ,p.1- 12
識別番号
ISSN
03892204
抄録 上田三四二は医者であり、戦後を代表する歌人の一人でもあった。彼は四十二歳の時、結腸ガンを病み、手術のため入院した。昭和四十一年のことで、まだガンが近い将来の死を意味する時代であった。彼も一時は死を覚悟したが、手術は成功し、幸運にも生き延びることができた。エッセーの題が示すように、彼にとってはまさに「たまものとしての四十代」であった。しかし、ガンはいつ再発するかもしれない。そのような恐れの下で、彼はどのように生きようとしたのか。彼を再び生の世界へと導いたのは、兼好の「時間論」と、上田自身の自然への著しい傾斜であった。拙論では、評論『俗と無常-徒然草の世界』と『うつしみこの内なる自然』、ガンを患って以降、四十代全体にわたる歌集『湧井』等を検討することにより、四十代に得た彼の死生観を見て行きたい。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 24号
関連アイテム