奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:930
ID AN00181569-19960300-1020
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19960300-1020.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 548.4 KB
Last updated : Dec 6, 2010
Downloads : 408

Total downloads since Dec 6, 2010 : 408
タイトル 詩と志
別タイトル
Dichtung und Edelmut
著者
堤 博美 (Tsutsumi hiromi)
教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.24号, (1996. 03) ,p.13- 28
識別番号
ISSN
03892204
抄録 知命を過ぎたこの頃、私はよく色々な疑念に捕われる。殊に眠れぬ夜などに自分の来し方を振り返る時、そぞろに不安な想念の虜となる場合が少なくない。自分は、何故、今、ここ、にいるのか。これは年少の日から今日まで折にふれて繰り返し脳裏に去来する自問だが、その答えとなると未だに模糊として判明しない。しかし老いが身に迫っている現在、そうした自己存在の意義についていつまでも手をこまねいて弧疑しているわけにもゆかない。そこでもっと具体的な問題から着手するのが賢明かと思い、これまで生業としてきた自らの学問に限定して、その由来と課程と成果を根本的に問い直すことから始めることにした。まず手始めにゲーテの『若きヴェールターの悩み』を取り上げて、続いてノヴァーリス、ヘルダリーン、シュライアマッハー等の詩人の作品を順次検討する。これは我が学問の自己検証の試みであり、また我が人生の「なかじきり」でもある。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 24号
関連アイテム