奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1212
ID AN00181569-19960300-1021
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19960300-1021.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 224.2 KB
Last updated : Dec 6, 2010
Downloads : 985

Total downloads since Dec 6, 2010 : 985
タイトル 「昔のかむざしの端を折る」考
別タイトル
Research on bending a piece of the ritual comb
著者
山本 利達 (Yamamoto toshitatsu)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.24号, (1996. 03) ,p.29- 36
識別番号
ISSN
03892204
抄録 源氏物語「絵合」の巻で、冷泉帝の御前で斎宮女御方と弘徽殿女御方の絵合が行われることになった時、それぞれ絵の準備がなされた。その折、朱雀院から、昔のすぐれた絵師の描いた年中行事の絵や、自らの御代の事も描かせた絵を斎宮女御に贈られた。斎宮女御は「昔の御かむざしの端をいささか折りて」それを添えてお礼の歌を返した。「昔の御かむざし」とは、かつて斎宮が伊勢に下向した時朱雀帝から贈られた儀式上の黄楊の櫛である。それをどうして「昔の御かむざし」といったのか。また、その「端をいささか」折って贈ったのはなぜか。『花鳥余情』が「長恨歌伝」の「為我謝太上皇といひて旧好を尋ねし事」によるという説が多く用いられてきたが、現代ではそれによるとする説が少ない。「かむざし」は作者にとっては唐風な女性の装束として用いられていることを述べ、「長恨歌伝」の本文によったものとして読むべきものと思われることを述べる。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 24号
関連アイテム