奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1220
ID AN00181569-19970300-1002
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 未公開
タイトル ペルー・アンデス南部村落における十字架をめぐる2つの祭り
著者
青木 芳夫 (Aoki yoshio)
文学部
Publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.25号, (1997. 03) ,p.17- 40
識別番号
ISSN
03892204
抄録 ペルー・クスコ県ウルバンバ郡ユカイ村には7対の大きな「村の十字架」があり、それらの十字架をめぐって毎年2つの祭りが、カトリック教会の祭事暦にしたがって挙行される。つまり、真の十字架発見記念日 (ペルーではクルス・ベラクイと呼ばれる) と聖霊降臨祭である。ペルー・アンデス農村では、そして今日では都市部でも、十字架をめぐる祭りは前者のほうが一般的なようである。しかし、ユカイ村では後者の聖霊降臨祭のほうが盛大に挙行される。また、7対の十字架のうち一方が山に帰っていく時でもある。このユカイ村の十字架の祭りに見られる特質は、先行研究の指摘どおり、植民地期初期のレドゥクシオンや、さらにはインカ期にまで遡って考察する必要がある。
 本稿では、主として前教会管財人のルペルトとのインタビューに基づいて、19世紀末以降、この十字架の祭りに反映されたユカイ村内部の「上」地区と「下」地区との間の深刻な対立がしだいに変容し緩和されていく様子を見るとともに、国際観光都市クスコの近郊農村としてのユカイ村が今日直面している課題と、祭りに及ぼす影響をも示唆した。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 25号
関連アイテム