奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1014
ID AN00181569-19980300-1007
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19980300-1007.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 952.6 KB
Last updated : Mar 30, 2010
Downloads : 423

Total downloads since Mar 29, 2010 : 423
タイトル 日・米・加製造業と非製造業の生産性・収益力比較:パネルデータによる分析く検証:株式会社「日本」〉
別タイトル
A Comparative Study of the Productivity and Profitability of the Manufacturing and Non-Manufacturing Industry among Japan, USA and Canada by the Analysis of Panel Data
著者
道明 義弘 (Domyo yoshihiro)
社会学部
伊藤 研一 (Ito ken'ichi)
社会学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.26号, (1998. 03) ,p.93- 134
識別番号
ISSN
03892204
抄録 日本、「開銀企業財務データバンク」およびアメリカ・カナダ、"COMPUSTAT DATABASE"という大規模データベースを個別企業のレベルで用いて、生産性に関する人件費、付加価値、労働生産性、および、収益力に関する税引後純利益、営業利益を従属変数としたパネルデータの分析にもとついて、日・米・加の製造業および非製造業における生産性と収益獲得能力を、従属変数の決定に作用する独立変数の影響の方向から比較することを目的としている。それぞれの従属変数とそれを説明するフロー、ストックおよび付加価値に関する独立変数を選択し、いくつかの関数型によって分析を実行した結果、各国において異なる決定に作用する変数とその影響の方向が明らかになると共に、製造業と非製造業においても、変数と影響の方向が異なることが示される。それぞれが、どのような原因によって生じているかについては、解明が待たれる今後の課題である。
言語
jpn
ジャンル text
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 26号
関連アイテム