奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:2060
ID AN00181569-19990300-1003
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19990300-1003.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 276.4 KB
Last updated : Jan 12, 2012
Downloads : 642

Total downloads since Dec 21, 2009 : 1070
タイトル 青少年の"いじめ"に対する一考察
別タイトル
A thought concerning the pupil's "ljime" in Japan
著者
森山 宏美 (Moriyama hiromi)
教養部
publisher
出版地 奈良大学
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.27号, (1999. 03) ,p.25- 34
識別番号
ISSN
03892204
抄録 "いじめ"という問題が、教育界を中心に各界に波紋を投げかけてから久しい。そしてこれという解決策も出ぬまま、事態は悪化するばかりで、そのプロセスも、陰湿で残忍なものとなりつつある。"いじめ"を取り上げた著書も加害者また被害者をそれぞれに批評、批判し、解決策をそして一日も早い指導方法の発見に力をそそいでいると感じられる。しかし、この問題のゆくえを追ってきた筆者にとって、ひとつの疑問が芽生えてきた。被害者にハマってしまう青少年、加害者にハマってしまった青少年と言う二面の立場からこの問題を追跡するとすれば、根本から我々が見逃している点があるのではないか。ひとりの人間が、混沌とした心の働きの中で、時として被害者に、時として加害者にハマってしまう。それが、生身の人間であり、人間の心の有り様なのではないかとゆうことを置き去りにして、ただただ動揺しているといえまいかと言う疑問である。ありのままの心の姿から目をそらさず、ここでもう一度、"いじめ"と言う問題を再考してみたいと筆者は考えている。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 27号
関連アイテム