奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:3046
ID AN00181569-20000300-1010
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20000300-1010.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 536.2 KB
Last updated : Dec 11, 2009
Downloads : 1347

Total downloads since Dec 11, 2009 : 1347
タイトル 17世紀イギリスにおける家族と社会・序説: 「近代家族」とは何か?
別タイトル
The Family and the Society in Seventeenth-Century England: Introduction: What is the Modern Family'?
著者
金屋 平三 (Kanaya heizo)
社会学部
jpn
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.28号, (2000. 03) ,p.169- 184
識別番号
ISSN
03892204
抄録 本論は、ある意味では「革命の時代」とされる17世紀イングランドにおいて、家族と社会(特に、政治)がその現実と思想の両面においてどのように関連していたかを理解するための枠組を提示することを意図している。そのことを通じて、同時に、「近代家族とは何か?」といういまだに不明確な問題に対する示唆を得ることをも意図している。「近代」および「近代家族」の理解に関する進化主義的な歴史観は近年の歴史社会学および社会史の諸研究において徹底的に批判されてきている。これらの諸研究を参照し、同時に、17世紀末にジョン・ロックによってその政治論の一部として、ロバート・フィルマーの家父長主義批判を通して体系化された個人主義的・自由主義的な家族観を検討し、近代家族に関する仮説を提示する。すなわち、近代家族は、元来ロックによって体系化された個人主義的・自由主義的家族イデオロギーと現実の家族生活との間の矛盾として理解される。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 28号
関連アイテム