奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:2210
ID AN00181569-20000300-1014
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20000300-1014.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 544.9 KB
Last updated : Dec 11, 2009
Downloads : 1830

Total downloads since Dec 11, 2009 : 1830
タイトル 「信濃国聖事」のなりたちとその語り手
別タイトル
The Composition of "Shinanonokunino Fijirinokoto" and Its Narrators
著者
木村 紀子 (Kimura noriko)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.28号, (2000. 03) ,p.37- 58
識別番号
ISSN
03892204
抄録 古本説話・宇治拾遺にほぼ同文で収められている「信濃国聖事」は、その語り口に、それらの作品成立期以前の大変古い要素が指摘でき、物語の主要部分は、主人公命蓮聖が活躍した延喜のころからさほど下らない時期に、東大寺界隈という古代の物語生成の一聖域において語り始められたと見られるものである。現伝のその物語は、冒頭部・飛倉の段・延喜加持の段・尼君の段という起承転結の四段構成で成り立っているが、用語や語り口を詳しく検討すると、冒頭部・飛倉の段・尼君の段でなりたっていた老女からの聞書き風の物語に、これもまた起承転結構成でつくり物語された延喜加持の段を挿入して成立させたものと見てとれる。宇治拾遺中の過半を占ある平安中ごろ以前の多くの物語とも用語や語り口を共有するこの物語は、総じて宇治大納言源隆国の語り口であることが検証できるものである。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 28号
関連アイテム