奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1933
ID AN00181569-20010300-1006
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20010300-1006.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 572.4 KB
Last updated : Dec 10, 2009
Downloads : 1134

Total downloads since Dec 10, 2009 : 1134
タイトル ミスター・ブルームとユダヤ人問題
別タイトル
Mr Bloom and His Jewish Identity
著者
中尾 真理 (Nakao mari)
教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.29号, (2001. 03) ,p.99- 116
識別番号
ISSN
03892204
抄録 『ユリシーズ』の主人公レオポルド・ブルームは語り手からミスター・ブルームと呼ばれている。これはもう一人の主人公スティーヴンが語り手から常にスティーヴンと呼ばれ、その他の登場人物たち、サイモン・ディーダラスやマーティン・カニンガムがサイモンやマーティン・カニンガムと親しみをこめて呼ばれているのと比べ、扱いが違うように思われる。そのブルーム氏はユダヤ人である。本論ではダブリンの男性社会からどことなく浮き上がった存在である「ブルーム氏」を取り上げ、その孤立の原因として彼の「ユダヤ人問題」がどの程度、関係しているかという点について検討する。ブルームのユダヤ人としての生い立ち、当時のユダヤ人をめぐる社会背景、周囲の人々がブルームをどのように受けとめているか、17章でスティーヴンが歌うユダヤ人排撃の歌の意味などを順に考察し、ブルーム氏の孤立の本当の意味と、「ブルーム氏」という敬称に込められた作者の意図を明らかにしたい。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 29号
関連アイテム