奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:4180
ID AN00181569-20010300-1015
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20010300-1015.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 434.9 KB
Last updated : Oct 19, 2012
Downloads : 3040

Total downloads since Dec 11, 2009 : 3968
タイトル 源氏物語の密通と罪
別タイトル
Ilicit intercouse and crime in The Taile of Genji
著者
山本 利達 (Yamamoto ritatsu)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.29号, (2001. 03) ,p.21- 30
識別番号
ISSN
03892204
抄録 源氏と藤壼との密通の物語は、源氏物語第一部全体にかかわる重要なものである。源氏や藤壺は、この密通の罪を深く恐れ続け、それは、「恐ろし」「そら恐ろし」「おほけなし」等の語によって表現されているという読み方がある。しかし、それぞれの語によって表現されている場合を検討してみると、そのような読み方はできない。后と密通し、それが露顕した場合、男も女も罪せられた事例はある。源氏と藤壺は、露顕することを恐れたが露顕しなかった。源氏が密通の罪を思うのは、第二部において、柏木と女三宮の密通を知った時で、それ以前にもそれ以後にもない。源氏物語においては、密通における罪の意識を追求する道をとってはいない。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 29号
関連アイテム