奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1944
ID AN00181569-20030300-1008
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20030300-1008.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 776.3 KB
Last updated : Nov 9, 2009
Downloads : 1561

Total downloads since Nov 9, 2009 : 1561
タイトル 都市における地価形成と土地利用変動に関する研究
別タイトル
On Urban Land Use and its Change from Viewpoint of Land Price
著者
實 清隆 (Jitsu kiyotaka)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.31号, (2003. 03) ,p.111- 136
識別番号
ISSN
03892204
抄録  土地利用変動と地価形成との関係は極めて密接な関係にあるにも拘らず、その実態や内的な連関については全面的に解き明かされてはいない。その理由として、地価のデーターが得難く、地価の構造・メカニズム自体が極めて把らえ難いという事や土地利用の持つ総合性、即ち、土地利用形態の多様性があげられる。土地利用のある形態、例えば、住宅地とか商業地とか個々の土地利用と地価の連関といった事例についてはある程度は解明されてはいるが、土地利用全体での関連する実証的研究は無いといっても過言ではない。ここに、著者はこの地価の構造を解明すると共に、土地利用変動と地価形成の連関を実証しようとするものである。当論文では、地価と土地利用変動に関する研究のレヴィユーを行った後、土地利用変化のべ-スに地代負担力があると考え、1974年以来、幾つかの都市で、この論に立脚した土地利用変化と地価の関連について分析を続けてきたが、「大阪都市圏」をその例として取り上げる。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 31号
関連アイテム