奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:2158
ID AN00181569-20030300-1021
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20030300-1021.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 2.1 MB
Last updated : Oct 19, 2012
Downloads : 627

Total downloads since Nov 9, 2009 : 998
タイトル 「芭蕉」という利権(一)
別タイトル
"Basho" as a Consession
著者
永井 一彰 (Nagai kazuaki)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.31号, (2003. 03) ,p.39- 70
識別番号
ISSN
03892204
抄録 安永三年に出版された小本『俳譜七部集』は折からの芭蕉ブームにも支えられ、八十年以上にわたる大ヒット商品となった。従来この書については本文に信が置き難いという理由で、資料的な評価は決して高くはない。しかし、近世の本屋にとって「芭蕉」は利権であったという観点から見直す時には、また別の価値が与えられる。この稿は、小本七部集を通じて「芭蕉」という利権の大きさを浮き彫りにしてみようという試みである。なお、今回は小本七部集の正板のみを扱い、重板(海賊版)については次稿で取り上げることにしたい。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 31号
関連アイテム