奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:2287
ID AN00181569-20040300-1004
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20040300-1004.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 618.3 KB
Last updated : Dec 24, 2010
Downloads : 1354

Total downloads since Sep 30, 2009 : 1359
タイトル ペルー・アンデス・ケチュア語の世界: 『グレゴリオ・コンドリ・ママー二自伝』
別タイトル
Peru, Andes y el mundo de quechua: Gregorio Condori Mamani: Autobiografia
著者
青木 芳夫 (Aoki yoshio)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.32号, (2004. 03) ,p.51- 65
識別番号
ISBN
03892204
抄録 筆者は、現在、『グレゴリオ・コンドリ・ママー二自伝』を日本語に翻訳しているところである。グレゴリオは、20世紀前半の、まだ半封建的な風習が残るペルー・アンデスの農村で孤児として育ち、やがてクスコ市内に移住するが、晩年の1960・70年代には一介の荷担ぎ人夫として暮らした。自らの辛酸の数々を伝えるために、その生涯を若き人類学者のバルデラマらに語る決心をした。この『自伝』は単なるオーラル・ヒストリーではなく、自らの経験をも伝承風に語れる、稀代の語り部、グレゴリオを得たことにより、口頭伝承の宝庫ともなっている。本稿では、その伝承を「アンデスの自然」「アンデスの神々」「牛泥棒」「スペイン人・キリスト教・文明」に分類し、紹介する。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 32号
関連アイテム