奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:3450
ID AN00181569-20040300-1011
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20040300-1011.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 728.7 KB
Last updated : Dec 22, 2010
Downloads : 3633

Total downloads since Oct 2, 2009 : 3861
タイトル 柏木哲夫: 「受容の死」を中心にして
別タイトル
Sur Tetsuo KASHIWAGI: surtout sur "l'acceptation de la mort"
著者
大町 公 (Omachi isao)
教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.32号, (2004. 03) ,p.1- 19
識別番号
ISSN
03892204
抄録 柏木哲夫は淀川キリスト教病院にホスピスを開設、その長を勤めた。彼はすでに二千人を越える患者を看取った。日本のターミナルケアの第一人者であり、ここ三〇年間で、最も死について考えてきた人である。筆者は彼の著作から、〈安らかな死〉は可能なのかどうかを探りたい。柏木は精神科医・内科医であり、クリスチャンである。まず、柏木がどのような人であるかを見る。彼の仕事場であるホスピスとはどのようなところか、末期患者の〈四つの痛み〉、特に〈霊的痛み〉とはどのようなものか。〈安らかな死〉が可能になるには、死を受け容れる必要がある。つまり、〈受容の死〉がキーワードなのである。「受け容れる」は「あきらめる」とは違う。〈死の受容〉に最も必要なのは、信仰である。必ずしもキリスト教でなければならないことはないが、人間は生かされていること、そのことに感謝して生きること、死に関しては、ゆだねてしまって生きることが必要である。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 32号
関連アイテム