奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:2119
ID AN00181569-20050300-1002
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20050300-1002.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 3.3 MB
Last updated : Dec 6, 2010
Downloads : 2459

Total downloads since Dec 6, 2010 : 2459
タイトル ヨーロッパ統合の立役者たち(2): ジャン・モネ
別タイトル
The leading men of European Unity (2): Jean Monnet
著者
田中 文憲 (Tanaka fuminori)
教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.33号, (2005. 03) ,p.15- 33
識別番号
ISSN
03892204
抄録 ヨーロッパは、2004年5月1日、新しい加盟国が10か国加わり、25か国となった。また、欧州憲法の制定にとりかかるなど、連邦化に向けて「深化」を促進しつつある。現在進みつつあるヨーロッパ統合の出発点とされるのが、シューマン・プランに基づく欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)である。しかし、この案を作成した本当の人物は、ジャン・モネというフランス人である。それゆえに、ジャン・モネは、欧州統合の父と呼ばれている。本稿では、ジャン・モネが、なぜヨーロッパ統合を始めようとしたのか、またどのように進めたのか、特にモネとアメリカとの親密な関係とドゴールとの確執に焦点を当てながら分析を試みた。ジャン・モネは活動の途中で、栄光と挫折を味わったが、彼の夢は、現在まで生き続け、ヨーロッパ統合に情熱を傾ける人々に勇気と希望を与えている。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 33号
関連アイテム