奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1230
ID AN00181569-20050300-1006
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20050300-1006.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 188.9 KB
Last updated : Dec 6, 2010
Downloads : 2584

Total downloads since Dec 6, 2010 : 2584
タイトル 地域メッシュ統計を用いた人口分析の試み
別タイトル
A population analysis using Grid Square Statistics
著者
酒井 高正 (Sakai takamasa)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.33号, (2005. 03) ,p.73- 80
識別番号
ISSN
03892204
抄録 地域統計データの利用においては、その初期から都道府県別統計や市区町村別統計が継続されているのに対して、さらに統計単位地域を細分して地域の実態をより詳細に表す「小地域統計」の利用歴は長いものではない。その中でも「地域メッシュ統計」は、比較的早くから実用化されてきた。単位地域は全て矩形となるので、不規則な図形となる行政境界線データを扱う必要がなく、GISの発達を待たずとも利用できた。逆に、GISが普及した昨今では、そのデータの長所にもかかわらず、十分な顧慮が行われなくなってきている。本稿では、地域メッシュ統計の現在の利用環境を考え、その意義を検討する。特に、学部の教育環境における利用の容易性を重点的に考察する。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 33号
関連アイテム