奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1046
ID AN00181569-20050300-1011
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 未公開
タイトル 宮廷詩宴雑考
別タイトル
Some considerations about the Imperial Court poetry party.
著者
滝川 幸司 (Takigawa koji)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.33号, (2005. 03) ,p.1- 28
識別番号
ISSN
03892204
抄録 宮廷詩宴について、これまで発表した拙稿で触れ得なかったいくつかの問題を検討した。宮廷詩宴における詩作は、天皇賛美に流れ込む傾向があること、平安初期の勅撰三集においても、〈公宴〉と〈密宴〉の差異が認められること、『凌雲集』の排列が、宮廷詩宴と密接に関わること、重陽宴次第の形成に淳和朝天長期が大きな役割を果たしたらしいこと、文人の扱いが、重陽宴、内宴等では異なり、それが詩宴の性格・地位によること、詩宴において天皇の御製の披講は、嵯峨朝では臣下に先立っていたが、淳和朝以後最後になったこと等、宮廷詩宴に関わる問題を論じた。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 33号
関連アイテム