奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1011
ID AN00181569-20060300-1001
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20060300-1001.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 602.3 KB
Last updated : Dec 7, 2010
Downloads : 510

Total downloads since Dec 7, 2010 : 510
タイトル ハ-マン・メルヴィルの『幸福な失敗』について
別タイトル
On Melville's The Happy Failure
著者
池田 正博 (Ikeda masahiro)
教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.34号, (2006. 03) ,p.1- 11
識別番号
ISSN
03892204
抄録 ハーマン・メルヴィル(Herman Melville, 1819~91) は、『ピエール、曖昧なるもの』(Pierre, or The Ambiguities, 1852)後の短編のいくつかに、限定された叙述形式という手法を取り入れ、周到な意図の下に独特な語り手を生み出した。この語り手は、その役割に極端な制約を課されていて、主人公の内面世界に立ち入りその心理や意識を代弁することができない。語り手の役割に課されたこのような制約のために、主人公は実質的には沈黙のあるいは寡黙な仮面のような存在となり、物語は謎を孕んだ曖昧性を帯び、読者の作品解釈も限定された、あるいは多様なものとなる。メルヴィルは、このような限定された叙述形式を導入することによって、主人公と主要な登場人物の実体の探究を、読者に迫るのである。『幸福な失敗』(The Happy Failure, 1854)は、このような創作手法による短編の一つであり、その持つ意味や特徴について検討してみたい。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 34号
関連アイテム