奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1408
ID AN00181569-20060300-1004
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20060300-1004.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.4 MB
Last updated : Dec 7, 2010
Downloads : 4101

Total downloads since Dec 7, 2010 : 4101
タイトル 第三者に対する名目的取締役の責任
別タイトル
The Liability of Accommodation Directors to the Third Person
著者
増本 弘文 (Masumoto hirofumi)
教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.34号, (2006. 03) ,p.45- 52
識別番号
ISSN
03892204
抄録 本年商法・会社法が改正され、来年施行されることになり、株式会社は、取締役が一人でも設立可能となった。この改正が、会社法の中でも議論が多く判例の数も膨大にのぼる「取締役の第三者に対する責任」にも、大きな影響を及ぼすことは必死である。この「取締役の第三者に対する責任」には、多くの問題点が含まれており、その全てを網羅することは紙数の関係上も不可能である。そこで、本論項では、現行法の要求している取締役三名と密接に関連している「名目的」取締役の第三者に対する責任をとりあげ、最近の判例の分析を通じて、改正後の動向を深求しようと試みた。その結果、取締役の員数を揃えるための事例は少なくなるかもしれないが、その責任の判断基準は、名目的取締役の主観的事情だけでなく、対象となる違法行為(犯罪行為)までも考慮に入れられる結果となり、ますます混沌となる可能性があるかもしれない。また、名目的代表取締役は、相当因果関係のない場合以外は、責任を免れ得ないものとなるのではなかろうか。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 34号
関連アイテム