奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:2217
ID AN00181569-20060300-1007
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20060300-1007.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 4.0 MB
Last updated : Dec 7, 2010
Downloads : 701

Total downloads since Dec 7, 2010 : 701
タイトル 少年非行の最近の動向: その質的分析を中心として
別タイトル
A recent trend of juvenile delinquency
著者
友廣 信逸 (Tomohiro shin'itsu)
社会学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.34号, (2006. 03) ,p.79- 85
識別番号
ISSN
03892204
抄録 最近、少年非行が報道されることが多い。なかには兇悪な事件や、低年齢の少年が起こした事件もあり、社会問題になっている。こうした状況は、少年法の改正にまで及んでいる。しかし、果たして本当に少年事件は増えているのであろうか。統計的には、とりたてて増えているようには見えない。問題は、それよりも、質的な問題であろう。つまり少年非行は、過去の経済的貧困や家庭の問題に起因する古典的なものに加えて、「遊び型」や「いきなり型」と言われる非行が増えてきているように見える。また、その背景として、若者のコミュニケーションの問題や社会性の発達の問題が指摘される。本稿では、いくつかの事例を挙げて、非行の動向の分析を試みた。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 34号
関連アイテム