奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1840
ID AN00181569-20060300-1011
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20060300-1011.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 2.5 MB
Last updated : Dec 7, 2010
Downloads : 854

Total downloads since Dec 7, 2010 : 854
タイトル 映画における場所イメージの構築と観光戦略: インド・ゴア州の場合
別タイトル
The Imagining of a Place through Films and Tourism Strategies: The Case of Goa, India
著者
松川 恭子 (Matsukawa kyoko)
社会学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.34号, (2006. 03) ,p.149- 161
識別番号
ISSN
03892204
抄録 本稿では、インド・ゴア州における場所イメージの構築と観光の関連性を検討する。1961年にポルトガルから解放されて後、ゴアは観光産業に力を入れてきた。戦略として取られてきたのは、ポルトガルの遺産である教会や修道院を売りにした西洋的ゴア・イメージの構築である。しかし、その一方で近年のゴア政府の観光戦略には変化の兆しが見られる。ポルトガル植民地の遺産に加え、リゾート地としてのゴアを強調するようになってきたのである。本稿の構成は以下のとおりである。まず、ポルトガル植民地時代におけるゴアの表象のされ方を16世紀のヨーロッパ旅行者の視点から探る。次に、現代におけるゴア・イメージの構築の傾向性を探るために、インド映画に登場するゴアの描かれ方を検討する。最後に、ゴア政府による近年の観光戦略の一環として、インド国際映画祭開催の経緯と現在の状況について紹介する。この一連の作業により、現代の文化生産の諸相の一端を明らかにしたい。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 34号
関連アイテム