奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1105
ID AN00181569-20060300-1017
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20060300-1017.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 580.2 KB
Last updated : Dec 7, 2010
Downloads : 393

Total downloads since Dec 7, 2010 : 393
タイトル 村上朝の文壇
別タイトル
The literary world of Murakami dynasty
著者
滝川 幸司 (Takikawa koji)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.34号, (2006. 03) ,p.79- 99
識別番号
ISSN
03892204
抄録 村上朝の文壇について、〈公宴〉〈密宴〉からなる宮廷詩宴を軸に考察を加えた。村上朝は、前代の醍醐朱雀朝から引き続き、〈公宴〉の危機的状況であったが、重陽宴の残菊宴としての再興、内宴の二月開催、花宴の公事化によって、その危機を抜け出した。この時代は、〈公宴〉の再興期と位置付けられる。しかし、花宴の〈密宴〉的性格や、村上朝後半の〈密宴〉の頻繁な開催は、〈公宴〉の意義の低下をもたらすことになった。本稿では、如上の内容を、〈公宴〉の停止理由、〈密宴〉の献詩者、〈公宴〉の停止と〈密宴〉の関係、花宴の性格、御製の存在、などの視点から論じた。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 34号
関連アイテム